揺れる小舟

御託を並べたいおたく

2018年のCD10選

今さら2018年のCD10選。

①SANOVA『BLISS』

BLISS

BLISS

特に『二角形』
二角形

二角形

  • SANOVA
  • ジャズ
  • ¥250
2018年めちゃくちゃ聴いた。
ピアノを浴びる。

宝塚歌劇団花組ポーの一族
特に『時の輪』

時の輪

時の輪

「僕らは旅する 時を超えて
 永遠に
 通り過ぎる 時と時の間に
 囁き 笑い
 眼差しを送り交わし
 夢を織る人々の間を
 走り走り
 この時の果てに何かあるのなら」
この歌詞とメロラインが良すぎた

あと世界に没入できた。
ストーリーは結構いいところで終わったかな。
キャラクター解釈にもやっとするところはあったけど、
曲が流れると「エモーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!」ってなるから許しちゃったな!

③Readyyy!『Readyyy! Project 第1段』
Just 4U『大胆不敵に恋したい』

大胆不敵に恋したい

大胆不敵に恋したい

  • Just 4U
  • アニメ
  • ¥250
二次元男性アイドルの最先端ですよこれが!
楽曲の強さが半端じゃない!
編曲にCHOKKAKUさん呼んでくるとか?ガチじゃないですか……
『ときめきレストラン』一発目の曲が平田祥一郎楽曲だった時以来の衝撃。
イントロのWow~みたいなコーラス大好きマンだから秒で好きになった。

④Juice=Juice『Juice=Juice#2 -! Una mas! -』

Juice=Juice#2 -! Una mas! -【初回生産限定盤】

Juice=Juice#2 -! Una mas! -【初回生産限定盤】

『禁断少女』
禁断少女

禁断少女

  • Juice=Juice
  • J-Pop
  • ¥250
全てがいい。禁断少女が一番好きだけど、『TOKYOグライダー』とか他の曲もめちゃくちゃ好き。
Juice=Juiceは1枚目のアルバムも今回も、全曲強いからすごい。
落ちサビのかりんちゃんの歌い方、生で聴くとより破壊力があって胸にギュンとくる。

⑤WITH『朝も!夜も!どんなときも!always WITH you!!』

『好きにしてI-I-ZE』
2018年の二次元アイドル系イベントで一番楽しかった。
歌詞が児玉雨子さんなんだよな~
サビで「I-I-ZE」を「アイアイゼットイー」と「愛 愛 絶対」で読ませるのなんだ?天才か?
ラップ箇所で『俺しかできねぇ全肯定』ってやつ、なんか、いいよね。
児玉さんが書く女のわがままって絶妙でイイ。
『Giraギャラティック・タイトロープ』が発表された時、まだまだ強い曲出してくるとは思いませんでしたね?
CD入手のためにBlu-ray/DVD購入する必要があるのがネック。

PENGUIN RESEARCH『近日公開第二章』

千載一遇きたりて好機

千載一遇きたりて好機

近日公開第二章

近日公開第二章

先行公開もした『千載一遇きたりて好機』がかっこいい。
2018年は現場にも行った。
不屈の精神のバンド、正直かなり勇気付けられる。
自分の人生、大事に生きていこうな!
堀江先生はすごい。

⑦バンドやろうぜ『デュエル・ギグ! vol.3』

デュエル・ギグ!  vol.3 Cure2tron EDITION(初回仕様限定盤)

デュエル・ギグ! vol.3 Cure2tron EDITION(初回仕様限定盤)

2018年にバンやろは更新終了したけど、
まだまだライブイベントやってくれないと困るくらい良曲揃い。残念。
ライバル曲も、個別キャラソンも良き。
結構課金したゲームだし思い入れがある、キュアキュアトロンちゃん……
PENGUIN RESEARCH現場でBLAST曲聴けるのはすごくありがたい。

A.B.C-Z『VS5』

『忘年会!BOU!NEN!KAI!』
2018年一番の電波曲かもしれない。
前山田さん楽曲、大人の本気の遊び。
えびさんはかっこいい曲多いのに、世間にウケないのが不思議だな。

中山真斗『TVアニメ『Cutie Honey Universe』Original Sound Track』

TVアニメ「Cutie Honey Universe」Original Sound Track

TVアニメ「Cutie Honey Universe」Original Sound Track

Let Your Universe Go

Let Your Universe Go

これがめちゃくちゃクーーーールなんですわ。
推し個人名義のCDが出た、こんなに嬉しいことはないですね。
2018年は同じくキューティーハニー内のミスティーハニーの『OVER HEAT, OVER HEART』とかA3の『GOLDEN ENCORE!』とかアルカテイルとか、まぁ~名曲いっぱいでしたけど!
劇伴が単体CDで発売されるって、作曲家オタにとっては特別なことなんですわ。

アンジュルム『46億年LOVE』

46億年LOVE

46億年LOVE

見て?「作詞:児玉雨子、作曲:林田健司、編曲:鈴木俊介」ですよ。
児玉雨子さんはコピンクで好きになったんですが、
言葉選びが好きなんだよな~ほんと好き。
基本的に作曲家オタだからあんまり作詞家さんには詳しくないんですが、
児玉雨子さんはまじで好き。
こだまさおりさんと児玉雨子さんくらいじゃないかな、好きな作詞家さん……
今回もマクロ視点とミクロ視点が素晴らしく融合した歌詞で、46億年LOVEだよ!
で、林田健司さん!
SMAP『青いイナズマ』とか関ジャニ∞『アカイシンキロウ』とか東京女子流『Bad Flower』とかの作曲も同じ。
ジャニーズ系では馬飼野さんの次くらいに好きな作曲家さんだから、見た時はめっちゃ興奮した。
林田さんってハロプロ初?なんかな?ハロプロに合いすぎだよな?これからもよろしくお願いいたします。
鈴木俊介さんはもう言うことないくらいハロプロ楽曲を支えて下さってる方ですから。
人類とか言い出しちゃうのはハロの特徴だし、なんかダサいMVも含め最高!

46億年LOVEだよ!

B-projectの話

西川アニキと千代丸王子が組んで作った二次元男性アイドル作品群。
千代丸曲は好きなので、二次元男性アイドルのなかではときレスの次くらいに注目してるやつ。

キタコレ、THRIVE、MooNsは各2枚のCD、
キラキンことKiLLER KiNGは弟分グループだからかまだ1枚。しかも作品の共通曲だったはずの永久パラダイスは歌わせてもらえない。

お気に入りの1枚。千代丸曲を加藤和樹が歌うという奇跡に感謝。
dreaming timeもいいけど、LOVE ADDICTIONが二次元男性アイドル曲としては珍しいタイプ。

イベントではB級パラダイスという思うところのありすぎる架空のバラエティー番組やってましたが、
やっぱりキラキンは永久パラダイスを歌わせてもらえないらしい。
ライブイベントかと思いきや、歌ったのはキラキンだけ。

B-project: KiLLER KiNG デビューシングル「 キラキラスマイル 」

B-project: KiLLER KiNG デビューシングル「 キラキラスマイル 」

これではないけど、キャラ衣装を再現した衣装でこのCDの2曲歌ってて、
イベントのわりにちゃんとした衣装着させてもらえるあたりに千代丸の本気度を見た気がします。
衣装もいいけどライブしてほしい。

イベント自体は、ライブを期待していただけに残念だったけど、アメリカザリガニと岸尾さんのやり取りが楽しかった。
その反面、若手男性声優のモヤモヤする発言も記憶に残ったり…最後の挨拶でアクセサリー落とした話する必要なくないか?
あと、横の女オタが「衣装再現するならヘソだしも再現してよ!」って憤慨してたのも印象的。
今時の声優ってほんと背負わされてるなあ。

二次元男性アイドルの代表格、うたプリ行った時も思ったけど、アイドルものの難しいところって、イベントでキャラと声優のどっちがメインかわかりづらい。
三次元アイドルが大好きであるゆえにこうした二次元アイドル作品に対して、
くそ~アイドルなめんな~とか思ってたけど、元々同じ土俵で戦ってないなって最近気付いたり。
アイドルが声優したら怒るオタクへの怒り?に近い感情だったんだろうな。
声優もアイドルごっこしてるんだからいいじゃん的な。

最近の話題でBABYMETALがまがいものだなんだって話があったけど、
声優がやるアイドルっていう点が魅力的なんだと考えられるようになった。歌える踊れるっていう付加価値なんかな。

アニメ化したらちゃんとしたライブお願いします。
中山さん劇伴みたいだけど、歌曲提供ないのかな?してほしいなあ。
THRIVEが聴きたいけど、キラキンが一番相性よさそう。



B級パラダイスといえば、波津彬子先生の漫画なんだよなあ。